ダイエットを成功したいなら腸内に目を向けましょう

 

太る人には高カロリーな食事以外にもある特徴がある事が最近の研究でわかってきました。

 

カギを握るのは腸内フローラです。

 

約1000種類以上もの細菌が腸内にいて、免疫力をコントロールしているといいます。腸内細菌には栄養を必要以上に吸収してしまうデブ菌と健康にいいものを吸収するヤセ菌の2種類があることもわかっています。

 

デブ菌とヤセ菌はどんな人でも持っているけど、太るかどうかは比率によって変わってきます。デブ菌が優位になると太ってしまうので、ヤセ菌を優位にするのがいいです。

 

生まれながらにして母親から腸内細菌をもらって生まれてきますから、母親が太ってしまう菌を持っていると、肥満になってしまう可能性があります。最初から決まっているなら、変える事なんて出来ないのではないか?と考える必要はありません。

 

生活習慣次第でヤセ菌を優位にしていけます。納豆、ヨーグルト、野菜を食事に取り入れるだけで、デブ菌が減ってヤセ菌が増えます。納豆菌は強い胃酸にも負けない特徴を持っていて、確実に腸内に届きます。

 

ヨーグルトは、選ぶものによっていろんな種類の乳酸菌が含まれています。自分にぴったりのものだとさらに効果的です。これを毎日続けることで、太りにくい体になります。